東映、東映アニメとも株主には増配!従業員への配分はどうなる??

東映アニメは、平成26年3月期決算を2014年1月31日付けで、上方修正した。

それに伴い、3月24日には平成26年3月期の配当予想を、普通配当30円00銭に特別配当15円00銭を加えて、1株当たり45円00銭(年間配当金45円00銭)に修正した。

http://corp.toei-anim.co.jp/ir/2014/03/26_4.php

また、親会社である東映も普通配当3円に特別配当1円を加えた4円に修正。

これにより、1株当り年間配当は昨年実施した第二四半期の中間配当3円と合わせ、計7円になる予定だそうだ。

http://www.toei.co.jp/annai/ir/disclosure/__icsFiles/afieldfile/2014/03/19/2014031926.pdf

私たちは現在の経営状況の中で、株主への増配に意義を唱えるものではない。

しかし、従業員も同じステークホルダーである。株主に増配するのであれば、従業員に対するベースアップを含めた賃上げを改めて強く要求する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。