「イベント」カテゴリーアーカイブ

映演労連14春闘の集い

労働者派遣法の改悪、限定正社員制度、ホワイトカラーエグゼンプション、解雇の金銭解決など──次々と襲いかかってくる安倍政権の雇用破壊政策。  そしてブラック企業の蔓延。  働くもののこの重大危機に、私たち労働組合はどう立ち向かうべきか。

●映演労連’14春闘の集い

兼・映演労連第22回執行委員セミナー
「労働法制改悪・ブラック企業とどう闘うか 」 講師;田場暁生弁護士 (城北法律事務所)

3月13日(木) 18:50~文京シビックセンター5階C会議室  *地下鉄後楽園駅・春日駅より徒歩2分  映演労連は3月13日(木)、東京・文京シビックセンターで「映演労連14春闘の集い」を行います。  安倍政権はこの国を「世界で一番、企業が活動しやすい国」にすると言っています。それは即ち、労働者が一番働きづらい国にするということです。事実、労働者派遣法の大改悪、限定正社員制度、ホワイトカラーエグゼンプション、解雇の金銭解決など、雇用破壊政策が次々と襲いかかってきています。  またブラック企業も急増しています。特に映画・映像業界は以前から会社のブラック化が蔓延しています。  こうした働くものにとっての重大危機に、私たち労働組合はどう立ち向かえば良いのか。今年の春闘の集いでは、城北法律事務所の田場暁生弁護士にそれを語っていただきます。  田場弁護士は、ブラック企業を限りなく「ホワイト」に近づけるための、アンチ「ブラック」経営改善支援弁護団(ホワイト弁護団)の活動も行っています。映演労連各労組の皆さん、ぜひご参加ください。

【講師・田場弁護士】

■主催/映演労連  〒113-0033 東京都文京区本郷2-12-9 グランディールお茶の水301号  ℡03-5689-3970 FAX03-5689-9585

メールei-en@ei-en.net 映演労連on the Web  このホームページに関するお問い合わせは webmaster@ei-en.net へどうぞ。

Copyright © 2010 Ei-en Roren, 映画演劇労働組合連合会 All Rights Reserved.